YSOトップ 予想しようZ!トップ

第15ステージ・結果

 

 

8
予想対象:【3機種合算】「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン」(Switch/PS4/PS5)の初週本数予想
結果:220,307本
 
 
比較対象が難しいが、2012年発売のWii「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族オンライン」(初週42.0万本)や2019年発売のSwitch「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてS」(同30.3万本)ほどの規模にはならなかった。しかし本作はオフラインでは完結せず、今後オンラインでのバージョンアップが予定されていることから、ダウンロード版の販売比率が高い可能性もある。また、パッケージ版も初週から品薄傾向にあるようで、初週のパッケージ版の販売規模のみで多くを判断をすることはできないだろう。

予想の結果は、誤差を0.1%に抑えたディランド選手とじい選手が揃って勝利! それぞれボーナス込みで20pずつを獲得しているのだ。また、ミズーリ選手、らすこう選手、まい選手もボーナスポイントを獲得しているぞ。

累計ポイントは、今回3位のミズーリ選手が首位に浮上。しかし上位陣は僅差であり、まだまだ予断を許さない。

 


 

7
予想対象:「スプラトゥーン3」(Switch)の初週本数予想
結果:1,934,680本
 
 
2017年発売のSwitch「スプラトゥーン2」(初週67.1万本)の3倍近い圧倒的な出足を見せた。Switch用のパッケージソフトの初週本数としては、2020年発売の「あつまれ どうぶつの森」(同188.1万本)を抜いて1位の本数となる。また、メーカーからはダウンロード版込みで初週345万本の実売本数とのリリースも出ている。今後は、「あつまれ どうぶつの森」が達成したダウンロード版込みでの累計1,000万本超という金字塔に迫ることができるのか注目されるところだ。

予想の結果は、誤差10.6%のまい選手が勝利! しかし全員の予想を大きく上回る結果となり、予想戦士陣も予想できない本数を叩き出したと言えそうだ。

累計ポイントは、今回もポイントを獲得したdbcae選手が首位をキープ。2位には今回勝利のまい選手が浮上。

 


 

6
予想対象:【3機種合算】「SDガンダム バトルアライアンス」(Switch/PS4/PS5)の初週本数予想
結果:66,209本
 
 
2019年発売のPS4/Switch「SDガンダム GGENERATION クロスレイズ」(初週合計11.0万本)には届かなかったが、「SDガンダム」において「GGENERATION」とは違うアクションRPGというジャンルで実績を残すことができたと言えそうだ。

予想の結果は、誤差を僅か0.3%に抑えたyuifan選手が勝利! ボーナス込みで一挙20pを獲得しているぞ。じい選手、ミズーリ選手、まい選手、KAORIII選手もボーナスポイントを獲得している。

累計ポイントは、dbcae選手が首位をキープする中、今回勝利のyuifan選手が2位まで浮上。

 


 

5
予想対象:【2機種合算】「ソウルハッカーズ2」(PS4/PS5)の初週本数予想
結果:51,861本
 
 
1997年発売のSS「デビルサマナーソウルハッカーズ」(初週16.1万本)の約3割、2012年のリメイク作である3DS「デビルサマナーソウルハッカーズ」(同7.4万本)の約7割の出足となった。今作はsteam版もほぼ同時リリースであり、steam版やダウンロード版も含めれば、前作の3DS版と同程度の出足の可能性もありそうだ。

予想の結果は、誤差を1.7%に抑えたパルス選手が勝利! パルス選手に加え、Natit選手、ミズーリ選手、HiiMa選手、もんでんどん選手までがボーナスポイントを獲得しているぞ。

 


 

4
予想対象:【2機種合算】「地球防衛軍6」(PS4/PS5)の初週本数予想
結果:92,704本
 
 
2017年発売のPS4「地球防衛軍5」(初週12.6万本)の7割強の出足となった。PSプラットフォームのシェア低下の影響を受けているのかもしれない。同シリーズは「2」および「3」がSwitchでリリースされており、任天堂プラットフォームの市場を開拓し始めている。次回作はSwitchもしくはその後継機との同時リリースがあるのか注目されるところだ。

予想の結果は、誤差を2.5%に抑えたdbcae選手とディランド選手が同時に勝利! お二人に加え、3位のろとー選手までがボーナスポイントを獲得している。

 


 

3
予想対象:「ゼノブレイド3」(Switch)の初週本数予想
結果:112,728本
 
 
2017年発売のSwitch「ゼノブレイド2」(初週9.7万本)は大幅に上回ったが、同作が累計28.7万本まで本数を伸ばしていただけに、もうひと伸び欲しかったところか。今作からNintendo Switch Online加入者限定特典の「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」(税込9,980円)の対象となっており、単価が高い作品(パッケージ版:税込8,778円)だけに、ダウンロード版の購入比率が高くなっているのかもしれない。

予想の結果は、誤差を6.5%に抑えたもんでんどん選手の勝利! 全体としては、6割以上の方が+30%以上の予想をしてしまっている。実際にパッケージ版の消化率は良くないようで、予想戦士陣および市場の期待通りの出足とはいかなかったようだ。

累計ポイントは、3回連続でポイントを獲得したらすこう選手と、第2回に一挙20pを獲得したdbcae選手が同pで首位に並んでいる。

 


 

2
予想対象:【2機種合算】「デジモンサヴァイブ」(Switch/PS4)の初週本数予想
結果:36,293本
 
 
2017年のVita・PS4「デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー」(初週合計4.2万本)には届かなかった。同タイトルは2019年にはSwitch版がリリースされたものの、初週0.5万本にとどまっていたが、今作「デジモンサヴァイブ」はSwitch版が全体の8割近い2.9万本となっており、ユーザーのSwitch版への移行は順調に進んでいると言える。

予想の結果は、誤差を0.8%に抑えたdbcae選手の勝利! ボーナス込みで一挙20pを獲得しているぞ。

 


 

1
予想対象:「ライブアライブ」(Switch)の初週本数予想
結果:71,137本
 
 
1994年発売のSFCタイトルのリメイク。同社がSwitchで展開するRPG「オクトパストラベラー」(初週11.0万本)や「トライアングルストラテジー」(同8.6万本)には届かなかったが、2022年発売のSwitchのサードパーティ製タイトルとしては6位となる初週本数を記録している。

予想の結果は、誤差を1.6%に抑えたサエグサ選手とまい選手が揃って勝利! それぞれボーナス込みで15pずつを獲得したぞ。


※前作や関連作との本数の比較は、基本的にパッケージ版同士の比較であり、ダウンロード版の比率は考慮していないケースが多いですが、ご了承下さいませ。(基本的にダウンロード版の比率は上昇傾向にあります)

更新作業用リンク

 

YSOトップ 予想しようZ!トップ