YSOトップ 予想しようZ!トップ

第11ステージ・結果

 

最終結果!

 

優勝 KAORIII選手 102p
準優勝 ミズーリ選手、ろとー選手 76p

 

3賞
最多勝 KAORIII選手 4勝
最多入賞(8位以内の回数) ミズーリ選手 13回
最優秀防御率(平均順位) KAORIII選手 6.06

 

ピンポイント賞
最優秀誤差本数 ディランド選手、Natit選手 【2機種合算】「メタルマックスゼノ リボーン」(PS4/Switch)の初週本数本数 66本
最優秀誤差率 ろとー選手 「機動戦士ガンダム EXTREME VS.マキシブーストON」(PS4)の初週本数本数 0.1%

 

【予想しようZ!】の第11ステージは、終盤に突き放したKAORIII選手が初優勝! おめでとうございます。KAORIII選手は最多勝と最優秀防御率のタイトルも同時に獲得です。

序盤と中盤で首位を経験していたミズーリ選手とろとー選手は2位タイに。ミズーリ選手は最多入賞のタイトルも手にしています。

最優秀誤差本数は、ディランド選手とNatit選手が同時に獲得。Natit選手は2ステージ連続の受賞となりました。最優秀誤差率は「ガンダム」で見事な予想を披露したろとー選手に。

さて、【予想しようZ!】は第12ステージも開催予定ですが、パッケージタイトルが非常に少なくなっており、よりマイナーなタイトルの予想が増えると思われます。勝利するには、ゲームに対するさらに幅広い知識が必要になってくるのかもしれません。

(トロフィーはまだ未反映です。しばしお待ちを。。)

 

参加者の皆様のコメント

なんか知らんけど今回はいい感じだった。
前ステージの累計ポイントを最初の2回で超えてたという。
(ミズーリ選手)

準優勝出来て嬉しいです。(ろとー選手)

2期連続最少誤差タイトル獲得は嬉しいですね。
来期も肩肘張らずに頑張ります。(Natit選手)

前ステージと成績はあまり変わらず。
もう少し勝利できるといいですね。(HiiMa選手)

9回のファミスタが当たったのがピーク
後半はまったく伸びませんでしたね(ディランド選手)

思ったよりは良い順位でした。どこかで1勝したかったですね。
(サエグサ選手)

全然ダメでした(ジェナス選手)

ダメダメですね。(パルス選手)

難しかったです(ボチョコ選手)

とくになし。まあこんなもん。(yuifan選手)

 

第11ステージ出題リスト(随時追加、今ステージはNo.18まで予定)  リストの最終更新日:12/19
No. 対象
ハード
タイトル(お題) メーカー 発売日 状況
1 7月
【2機種合算】「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」の初週本数予想 KONAMI 7/9
2 7月 「Ghost of Tsushima」の初週本数予想 SIE 7/17
3 7月 「機動戦士ガンダム EXTREME VS.マキシブーストON」の初週本数予想 バンダイナムコ
エンターテインメント
7/30
4 8月 「英雄伝説 創の軌跡」の初週本数予想 日本ファルコム 8/27
5 8月
【2機種合算】「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター」の初週本数予想 スクウェア・エニックス 8/27
6 8月
【2機種合算】「キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS」の初週本数予想 バンダイナムコ
エンターテインメント
8/27
7 9月 「Marvels Avengers」の初週本数予想 スクウェア・
エニックス
9/4
8 9月
【2機種合算】「メタルマックスゼノ リボーン」の初週本数予想 角川ゲームス 9/10
9 9月 「プロ野球 ファミスタ 2020」の初週本数予想 バンダイナムコ
エンターテインメント
9/17
10 10月 「マリオカート ライブ ホームサーキット」の初週本数予想 任天堂 10/17
11 10月
【2機種合算】「真・女神転生III ノクターン HDリマスター」の初週本数予想 アトラス 10/29
12 10月 「ピクミン3 デラックス」の初週本数予想 任天堂 10/30
13 11月
【2機種合算】「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」の初週本数予想 スクウェア・
エニックス
11/11
14 11月 【2バージョン合算】プレイステーション5本体(通常版/デジタル・エディション)の初週台数予想 SIE 11/12
15 11月 「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」の初週本数予想 KONAMI 11/19
16 11月 「ゼルダ無双 厄災の黙示録」の初週本数予想 コーエーテクモ
ゲームス
11/20
17 12月
【2機種合算】「ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜」の初週本数予想 コーエーテクモ
ゲームス
12/3
18 12月 「サイバーパンク2077」の初週本数予想 スパイク・
チュンソフト
12/10
 
状況アイコン  →予想受付中(クリックで予想BBSへ) →結果待ち  → 結果発表中(クリックで結果へ)
 
※「投票枠」は【Y1G】参加者の投票によって選ばれたタイトル(お題)です。

 


 

18
予想対象:「サイバーパンク2077」(PS4)の初週本数予想
結果:104,687本
 
 
PS4タイトルがパッケージ版のみで初週(週間)10万本を突破したのは、7月発売の「機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON」(初週12.3万本)以来、約5ヶ月ぶり。また、開発元が同じPS4「ウィッチャー3 ワイルドハント」の初週本数(2015年発売、初週6.7万本)を超えたが、度重なる延期の末に発売された本作は、バグが多発し、返品・返金対応という最悪の事態に陥っている。

予想の結果は、誤差を4.5%に抑えたジェナス選手が、下1桁の「1」が効いた形となり、単独で勝利! ボーナス込みで13pを獲得している。僅差の2位のdbcae選手、サエグサ選手、Natit選手もボーナスポイントを獲得したぞ。

最終結果は、ただひとり100p超えを達成したKAORIII選手が見事に初優勝を達成している。

 


 

17
予想対象:【2機種合算】「ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜」(PS4/Switch)の初週本数予想
結果:74,630本
 
 
前作のPS4/Switch「ライザのアトリエ 常闇の女王と秘密の隠れ家」(初週合計7.9万本)には届いていないように見えるが、今作「ライザのアトリエ2」はダウンロード版のみのPS5版も同時発売されており、その分を考慮すれば、前作と同程度の初動は確保していそうだ。また、PS5版を購入予定も、本体を入手できていないユーザーもいると思われるので、PS5版も含めて今後の伸びにも期待したいところ。

予想の結果は、誤差を3.8%に抑えたもんでんどん選手が勝利! ボーナス込みで13ポイントを獲得しているぞ。全体としては、前作の好調を背景に、多めの本数を予想してしまった方が多かった。

累計ポイントは、今回もポイントを獲得したKAORIII選手が首位を堅持。1回で獲得できる最大ポイントが20pのため、次回の最終回を待たずして、KAORIII選手の【予想しようZ!】初優勝が決定したのだ。

 


 

16
予想対象:「ゼルダ無双 厄災の黙示録」(Switch)の初週本数予想
結果:173,215本
 
 
今もなお販売本数を伸ばし続けるSwitch「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(累計168.5万本)の大ヒットを背景に、2014年発売のWii U「ゼルダ無双」(初週7.9万本)の2倍以上となる出足を見せた。また、「無双」シリーズとしては、2018年発売のPS4/PS3「無双OROCHI3」(初週合計13.4万本)以来となる初週10万本突破となった。

予想の結果は、誤差を1.9%に抑えたKAORIII選手とまい選手が同時に勝利! それぞれボーナス込みで15pずつを獲得しているぞ。

累計ポイントは、連勝のKAORIII選手が独走状態となっており、初優勝が見えてきた。2位にはミズーリ選手が浮上。

 


 

15
予想対象:「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」(Switch)の初週本数予想
結果:345,697本
 
 
1997年以降の「桃太郎電鉄」シリーズとしては、1997年発売のPS「桃太郎電鉄7」(初週28.1万本)を上回る出足となった。「桃太郎電鉄7」はクリスマス週の発売(12/23発売)だったが、今作「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」はクリスマス週に2度目のピークを迎えると思われるので、ダウンロード版の本数を加味しなくても、「桃太郎電鉄7」の累計67.5万本を大きく上回ることになりそうだ。

予想の結果は、誤差を7.1%に抑えたKAORIII選手が勝利! 全体の予想本数を見ると、全員の予想を上回っていることから、まさに予想以上のスタートダッシュだったと言える。

 


 

14
予想対象:【2バージョン合算】プレイステーション5本体(通常版/デジタル・エディション)の初週台数予想
結果:118,085台
 
 
品薄が響き、2014年発売のPS4(初週32.2万台)や2011年発売のVita(同32.1万台)には届かなかったものの、同じく品薄だった2006年発売のPS3(同8.8万台)は上回った。今後、PS5の品薄がどの程度の期間で解消されるのか注目される。

予想の結果は、誤差を4.5%に抑えたKAORIII選手が勝利! ボーナス込みで13pを獲得しているぞ。

累計ポイントは、今回勝利したKAORIII選手が首位に浮上。2位には4p差でろとー選手が続いている。

 


 

13
予想対象:【2機種合算】「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」(Switch/PS4)の初週本数予想
結果:40,933本
 
 
「キングダム ハーツ」シリーズ初のリズムアクションゲーム。同社の同ジャンルのゲームと比較すると、2014年発売の3DS「シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール」(初週7.6万本)や2015年発売の3DS「シアトリズム ドラゴンクエスト」(同6.1万本)には届かなかったものの、それぞれのシリーズ本編の累計販売本数を考えると、大健闘と言えそうだ。

予想の結果は、誤差を2.3%に抑えたじい選手が勝利! ボーナス込みで15pを獲得している。じい選手以外は誤差20%以上となり、本数予想の難易度の高いタイトルだったようだ。

 


 

12
予想対象:「ピクミン3 デラックス」(Switch)の初週本数本数
結果:171,349本
 
 
リメイクながら、オリジナルとなる2013年発売のWii U「ピクミン3」(初週10.2万本)だけではなく、シリーズ最高の出足である2004年発売のGC「ピクミン2」(同16.2万本)をも上回った。やはり累計1500万台を突破したプラットフォームの力が大きそうだ。今後は初代のGC「ピクミン」の累計50万本超を上回ることができるか注目されるところ。

予想の結果は、大きな誤差を出してしまう方が相次ぐ中、誤差を0.8%に抑える見事な予想を披露したもんでどん選手が快勝! ボーナス込みで20pの荒稼ぎとなった。

累計ポイントは、【Y1G】と同じくろとー選手が首位に躍り出た。同期間に【Y1G】と【予想しようZ!】両制覇の称号“予想マスター”の獲得にも期待がかかる。連勝のもんでんどん選手は一気に6位まで浮上。

 


 

11
予想対象:【2機種合算】「真・女神転生III ノクターン HDリマスター」(Switch/PS4)の初週本数本数
結果:101,311本
 
 
さすがに2003年発売のオリジナルであるPS2「真・女神転生III−ノクターン」(初週15.1万本)には届かなかったものの、2004年発売のPS2「真・女神転生III−ノクターン マニアクス」(同4.1万本)の2倍以上の本数に。ほかにも、完全新作ではない「真・女神転生」シリーズと比較すると、2016年発売の3DS「真・女神転生IV FINAL」(同9.7万本)も超えた。ダウンロード版の本数も上乗せされることを考えると、「真・女神転生」シリーズはまったく衰えていないと言えそうだ。

予想の結果は、誤差を1.3%に抑えたもんでんどん選手とろとー選手が揃って勝利! それぞれボーナス込みで15pを獲得しているぞ。ナルク選手、ボチョコ選手、ミズーリ選手、らすこう選手もボーナスポイントを獲得している。

 


 

10
予想対象:「マリオカート ライブ ホームサーキット」(Switch)の初週本数本数
結果:73,918本
 
 
2017年発売のSwitch「マリオカート8 デラックス」(初週28.0万本)の出足にはさすがに届かなかった。そのほかの性質が似たタイトルと比較すると、任天堂発売のSwitchタイトルの中で、同梱物が存在する大型のパッケージタイトルとしては、2018年発売の「Nintendo Labo Toy-Con 01」(初週9.3万本)や2019年発売の「リングフィットアドベンチャー」(同6.8万本)が思い浮かぶが、今作はこれらと同等のスタートを切った。

予想の結果は、誤差を1.5%に抑えたじい選手が勝利! ボーナス込みで15pを獲得している。全体としては、多くの方の予想本数を上回っており、予想以上の結果だったと言ってよさそうだ。

累計ポイントは、KAORIII選手が首位を維持。今回勝利したじい選手は4ランクのアップで8位まで浮上。

 


 

9
予想対象:「プロ野球 ファミスタ 2020」(Switch)の初週本数予想
結果:15,129本
 
 
2018年発売のSwitch「プロ野球 ファミスタ エボリューション」(初週3.7万本)の約4割の出足となった。前作「〜エボリューション」が発売された2018年は、野球ゲームでトップの「パワプロ」はPS4とVita向けのみで、Switch向けにはリリースされていなかったが、今年はPS4とSwitch向けのマルチに変更されており、Switch版はすでに累計20万本以上が販売されている。「パワプロ」から2ヶ月以上遅れてのリリースは厳しかったようだ。

予想の結果は、誤差を0.9%に抑えたディランド選手が勝利! 2週連続でボーナス込みの20pを獲得している。

累計ポイントは、今回も5位と好調を持続するKAORIII選手が首位をキープ。僅差の2位にHiiMa選手とろとー選手が続いているぞ。

 


 

8
予想対象:【2機種合算】「メタルマックスゼノ リボーン」(PS4/Switch)の初週本数予想
結果:15,066本
 
 
2018年発売のPS4/Vita「メタルマックスゼノ リボーン」(初週合計3.0万本)をフルリメイクした作品。通常、フルリメイクはオリジナルの発売からかなりの年数が経過した後、進化したプラットフォームにて行われることが多いが、今作はオリジナルから2年しか経過しておらず、プラットフォームも2機種のうち1機種は同じ。いわゆる“完全版商法”との誤解を受けそうな中で、オリジナルの5割の出足はまずまずと言えそうだ。

予想の結果は、誤差を僅か0.4%に抑えたディランド選手とNatit選手がそろって勝利! それぞれ、ボーナス込みで20pを獲得したぞ。HiiMa選手とyuifan選手もボーナスポイントを獲得している。

累計ポイントは、今回5位のKAORIII選手が首位に浮上。僅差の2位にろとー選手が続いている。

 


 

7
予想対象:「Marvels Avengers」(PS4)の初週本数予想
結果:42,979本
 
 
2018年発売のPS4「Marvels Spider-Man」(初週13.3万本)ほどではなかったが、スクウェア・エニックスが2020年に発売したPS4ソフトでは3位の初週本数となった。

予想の結果は、誤差を2.6%に抑えたHiiMa選手が勝利! ボーナス込みで15pを獲得している。2位のじい選手もボーナスポイントを獲得しているぞ。

累計ポイントは、ろとー選手が首位を維持する中、今回勝利のHiiMa選手が3位タイまで浮上。

 


 

6
予想対象:【2機種合算】「キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS」(Switch/PS4)の初週本数本数
結果:30,506本
 
 
比較対象が難しいが、「キャプテン翼」はかつての週刊少年ジャンプ掲載作品ということで、直近のジャンプ作品のゲーム化と比べると、同じくSwitchとPS4の2機種同時発売の「僕のヒーローアカデミア One’s Justice2」(2020年3月発売、初週合計2.2万本)を上回り、劣らぬパワーを見せ付けた。

予想の結果は、誤差を7.7%に抑えたボチョコ選手が勝利! 半数以上の方が誤差3割以上となる過小評価をしてしまっており、本作は予想以上の出足であったと言える。

累計ポイントは、第4回に「英雄伝説 創の軌跡」で20pを稼ぎ出したろとー選手が首位に浮上。第5回の勝者KAORIII選手が2位に続いている。

 


 

5
予想対象:【2機種合算】「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター」(Switch/PS4)の
初週本数本数
結果:79,126本
 
 
オリジナルである2003年発売のGC「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」(初週19.2万本)の4割強の出足。ダウンロード版も加味すれば5割前後にはなると思われるので、リマスター版としては大健闘と言えそうだ。今後はリマスターだけではなく、シリーズ最新作の登場にも期待が持てるかもしれない。

予想の結果は、誤差を1.1%に抑えたKAORIII選手が勝利! ボーナス込みで15pを獲得しているぞ。

 


 

4
予想対象:「英雄伝説 創の軌跡」(PS4)の初週本数予想
結果:83,680本
 
 
前作にあたる「〜閃の軌跡IV THE END OF SAGA」(初週9.7万本)の9割弱の出足。「〜閃の軌跡III」(同10.4万本)から「〜閃の軌跡IV」では9割以上だったが、「閃の軌跡」シリーズが完結し、新たな物語に移行したためか、若干下落率が大きくなった。それでもなお多くのユーザーを繋ぎ止めており、根強いファンを獲得している様子がうかがえる。

予想の結果は、誤差を1%未満に抑えたろとー選手が勝利! ボーナス込みで20pを獲得している。KAORIII選手、サエグサ選手、まい選手、ジェナス選手、ミズーリ選手、HiiMa選手もレベルの高い予想でボーナスポイントを得た。

 


 

3
予想対象:「機動戦士ガンダム EXTREME VS.マキシブーストON」(PS4)の初週本数本数
結果:123,147本
 
 
2017年発売のPS4「ガンダムバーサス」(初週12.1万本)と同程度の本数に。本作はアーケードからの移植作品だが、アーケードでは2年近く前からシリーズ最新作となる「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」が稼動しており、旧作の移植だったことを考えると、まずまずの出足と言えるかもしれない。

予想の結果は、誤差を0.1%に抑えたろとー選手が快勝! 2位のNatit選手も誤差を0.2%に抑えており、それぞれ10pずつのボーナスポイントを獲得している。KAORIII選手、HiiMa選手、じい選手、まい選手、dbcae選手もボーナスを獲得するボーナスラッシュとなった。

累計ポイントは、ミズーリ選手が首位をキープ。今回勝利のろとー選手が1p差の2位に続いている。

 


 

2
予想対象:「Ghost of Tsushima」(PS4)の初週本数本数
結果:212,915本
 
 
これまではPS4だけでなく、現行機全体(つまりSwitch含む)でも新規IPの初週本数1位はPS4「DEATH STRANDING」(初週18.6万本)だったが、今作はこれを上回ってきた。パッケージ版は品薄の状態となっており、まだまだ本数を伸ばしそうだ。

予想の結果は、全員の予想を大きく上回る中、誤差を唯一2割未満に抑えたジェナス選手が勝利! 誤差3割未満までを見ても、あとはパルス選手のみとなっており、まさに予想以上の出足だったと言える。

累計ポイントは、初回に勝利したミズーリ選手と2位のサエグサ選手が、そのまま1位と2位になっている。

 


 

1
予想対象:【2機種合算】「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」(Switch/PS4)の初週本数予想
結果:186,423本
 
 
2018年にPS4とVitaで発売の「実況パワフルプロ野球2018」(初週合計19.2万本)には僅かに届かなかった。機種別の本数を見ると、Switch版の本数が9.5万本と、PS4版(9.2万本)を上回った。ダウンロード版も含めるとPS4版が上になる可能性があるが、PS4がプラットフォーム交代の時期が迫っていることを考えると、Switch版という新たな柱を確立できたことは大きそうだ。

予想の結果は、誤差を0.3%に抑えたミズーリ選手が勝利! ボーナス込みで20pを獲得する幸先の良い出足となっている。

 

※前作や関連作との本数の比較は、基本的にパッケージ版同士の比較であり、ダウンロード版の比率は考慮していないケースが多いですが、ご了承下さいませ。(基本的にダウンロード版の比率は上昇傾向にあります)

更新作業用リンク

 

YSOトップ 予想しようZ!トップ