YSOトップ 予想しようZ!トップ

第11ステージ・結果

 

9
予想対象:「プロ野球 ファミスタ 2020」(Switch)の初週本数予想
結果:15,129本
 
 
2018年発売のSwitch「プロ野球 ファミスタ エボリューション」(初週3.7万本)の約4割の出足となった。前作「〜エボリューション」が発売された2018年は、野球ゲームでトップの「パワプロ」はPS4とVita向けのみで、Switch向けにはリリースされていなかったが、今年はPS4とSwitch向けのマルチに変更されており、Switch版はすでに累計20万本以上が販売されている。「パワプロ」から2ヶ月以上遅れてのリリースは厳しかったようだ。

予想の結果は、誤差を0.9%に抑えたディランド選手が勝利! 2週連続でボーナス込みの20pを獲得している。

累計ポイントは、今回も5位と好調を持続するKAORIII選手が首位をキープ。僅差の2位にHiiMa選手とろとー選手が続いているぞ。

 

 

 

8
予想対象:【2機種合算】「メタルマックスゼノ リボーン」(PS4/Switch)の初週本数予想
結果:15,066本
 
 
2018年発売のPS4/Vita「メタルマックスゼノ リボーン」(初週合計3.0万本)をフルリメイクした作品。通常、フルリメイクはオリジナルの発売からかなりの年数が経過した後、進化したプラットフォームにて行われることが多いが、今作はオリジナルから2年しか経過しておらず、プラットフォームも2機種のうち1機種は同じ。いわゆる“完全版商法”との誤解を受けそうな中で、オリジナルの5割の出足はまずまずと言えそうだ。

予想の結果は、誤差を僅か0.4%に抑えたディランド選手とNatit選手がそろって勝利! それぞれ、ボーナス込みで20pを獲得したぞ。HiiMa選手とyuifan選手もボーナスポイントを獲得している。

累計ポイントは、今回5位のKAORIII選手が首位に浮上。僅差の2位にろとー選手が続いている。

 


 

7
予想対象:「Marvels Avengers」(PS4)の初週本数予想
結果:42,979本
 
 
2018年発売のPS4「Marvels Spider-Man」(初週13.3万本)ほどではなかったが、スクウェア・エニックスが2020年に発売したPS4ソフトでは3位の初週本数となった。

予想の結果は、誤差を2.6%に抑えたHiiMa選手が勝利! ボーナス込みで15pを獲得している。2位のじい選手もボーナスポイントを獲得しているぞ。

累計ポイントは、ろとー選手が首位を維持する中、今回勝利のHiiMa選手が3位タイまで浮上。

 


 

6
予想対象:【2機種合算】「キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS」(Switch/PS4)の初週本数本数
結果:30,506本
 
 
比較対象が難しいが、「キャプテン翼」はかつての週刊少年ジャンプ掲載作品ということで、直近のジャンプ作品のゲーム化と比べると、同じくSwitchとPS4の2機種同時発売の「僕のヒーローアカデミア One’s Justice2」(2020年3月発売、初週合計2.2万本)を上回り、劣らぬパワーを見せ付けた。

予想の結果は、誤差を7.7%に抑えたボチョコ選手が勝利! 半数以上の方が誤差3割以上となる過小評価をしてしまっており、本作は予想以上の出足であったと言える。

累計ポイントは、第4回に「英雄伝説 創の軌跡」で20pを稼ぎ出したろとー選手が首位に浮上。第5回の勝者KAORIII選手が2位に続いている。

 


 

5
予想対象:【2機種合算】「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター」(Switch/PS4)の
初週本数本数
結果:79,126本
 
 
オリジナルである2003年発売のGC「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」(初週19.2万本)の4割強の出足。ダウンロード版も加味すれば5割前後にはなると思われるので、リマスター版としては大健闘と言えそうだ。今後はリマスターだけではなく、シリーズ最新作の登場にも期待が持てるかもしれない。

予想の結果は、誤差を1.1%に抑えたKAORIII選手が勝利! ボーナス込みで15pを獲得しているぞ。

 


 

4
予想対象:「英雄伝説 創の軌跡」(PS4)の初週本数予想
結果:83,680本
 
 
前作にあたる「〜閃の軌跡IV THE END OF SAGA」(初週9.7万本)の9割弱の出足。「〜閃の軌跡III」(同10.4万本)から「〜閃の軌跡IV」では9割以上だったが、「閃の軌跡」シリーズが完結し、新たな物語に移行したためか、若干下落率が大きくなった。それでもなお多くのユーザーを繋ぎ止めており、根強いファンを獲得している様子がうかがえる。

予想の結果は、誤差を1%未満に抑えたろとー選手が勝利! ボーナス込みで20pを獲得している。KAORIII選手、サエグサ選手、まい選手、ジェナス選手、ミズーリ選手、HiiMa選手もレベルの高い予想でボーナスポイントを得た。

 


 

3
予想対象:「機動戦士ガンダム EXTREME VS.マキシブーストON」(PS4)の初週本数本数
結果:123,147本
 
 
2017年発売のPS4「ガンダムバーサス」(初週12.1万本)と同程度の本数に。本作はアーケードからの移植作品だが、アーケードでは2年近く前からシリーズ最新作となる「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」が稼動しており、旧作の移植だったことを考えると、まずまずの出足と言えるかもしれない。

予想の結果は、誤差を0.1%に抑えたろとー選手が快勝! 2位のNatit選手も誤差を0.2%に抑えており、それぞれ10pずつのボーナスポイントを獲得している。KAORIII選手、HiiMa選手、じい選手、まい選手、dbcae選手もボーナスを獲得するボーナスラッシュとなった。

累計ポイントは、ミズーリ選手が首位をキープ。今回勝利のろとー選手が1p差の2位に続いている。

 


 

2
予想対象:「Ghost of Tsushima」(PS4)の初週本数本数
結果:212,915本
 
 
これまではPS4だけでなく、現行機全体(つまりSwitch含む)でも新規IPの初週本数1位はPS4「DEATH STRANDING」(初週18.6万本)だったが、今作はこれを上回ってきた。パッケージ版は品薄の状態となっており、まだまだ本数を伸ばしそうだ。

予想の結果は、全員の予想を大きく上回る中、誤差を唯一2割未満に抑えたジェナス選手が勝利! 誤差3割未満までを見ても、あとはパルス選手のみとなっており、まさに予想以上の出足だったと言える。

累計ポイントは、初回に勝利したミズーリ選手と2位のサエグサ選手が、そのまま1位と2位になっている。

 


 

1
予想対象:【2機種合算】「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」(Switch/PS4)の初週本数予想
結果:186,423本
 
 
2018年にPS4とVitaで発売の「実況パワフルプロ野球2018」(初週合計19.2万本)には僅かに届かなかった。機種別の本数を見ると、Switch版の本数が9.5万本と、PS4版(9.2万本)を上回った。ダウンロード版も含めるとPS4版が上になる可能性があるが、PS4がプラットフォーム交代の時期が迫っていることを考えると、Switch版という新たな柱を確立できたことは大きそうだ。

予想の結果は、誤差を0.3%に抑えたミズーリ選手が勝利! ボーナス込みで20pを獲得する幸先の良い出足となっている。

 

※前作や関連作との本数の比較は、基本的にパッケージ版同士の比較であり、ダウンロード版の比率は考慮していないケースが多いですが、ご了承下さいませ。(基本的にダウンロード版の比率は上昇傾向にあります)

更新作業用リンク

 

YSOトップ 予想しようZ!トップ